大学5年生 すけがわオフィシャルブログ

建設会社リーガルマン すけがわブログ

旅行、筋トレ、お金の運用が趣味の23歳新卒会社員のブログ

【レビュー】ライドシェア(notteco/のってこ)の使い方と使ってみての感想


スポンサーリンク

こんにちは。旅行大好きすけがわです。

 

今まで国内外問わず、色々な国を旅してきました。

 

旅行や遠出のときの大きな出費の1つが、やはり移動費ですよね。

 

今回は、神奈川~新潟区間でライドシェアを利用したので、そのことをまとめます。

f:id:suke-gawa04:20180812150305j:plain

ライドシェアを利用した理由

ライドシェアを利用した深い理由は特になく、単純に高速バスの予約が売り切れていたこと新幹線は少し割高だったことが理由です。

 

またライドシェアという名前は以前耳にしたことがあったので、試しにどんなものか利用してみたいという気持ちもありました。

 

ライドシェアには、nottecoとnori-naの2つが有名どころとして挙げられますが、nori-naは2018年8月現在アプリ上でのみでしか使用できなかったため、nottecoを使用してみました。

 

nottecoの使い方

1, ルートを検索する

今回僕は神奈川~新潟区間を利用したので、その区間を検索し、ドライバーがいるかどうか調べます。

f:id:suke-gawa04:20180811154946j:plain

 あくまで個人的な見解ですが、乗車の前々日または前日にルート登録をされるドライバーの方もいらっしゃるので、乗車前の1週間前から前日にかけてサイトを訪問するのが良いかと思います。

 

2, 最適なプランを選択する

数あるプランの中から、料金や時間、乗り合い場所と目的地などを検討し、どのドライバーにお願いするかを決めます。

 

3, ドライバーとコンタクトする

同乗させてもらいたいドライバーを見つけたら、そのドライバーとコンタクトをとり、自分が希望する乗り合い場所や目的地などをドライバーに伝えます。

 

なお、あくまで同乗させてもらう立場なので「自分の要望が通って当然」だとは思わないようにしてください

 

ドライバーによっては、快く承諾してくださることもあります。

 

4, 当日指定された場所まで向かう

ドライバーから同乗の許可が降りたら、当日指定された場所に向かいます。

 

僕の場合は、ドライバーから車種とナンバーが連絡されていたので、それを頼りに指定場所で探しました。

 

車を見つけたら、ドライバーの方に挨拶して、車に同乗させてもらいます。

5, 車で目的地まで連れて行ってもらう

車に乗せてもらったら、あとは目的地への到着を待つのみです。

 

ドライバーによって車内ルールが異なりますので、飲食が可能なのかどうかは、その都度確認したほうがいいと思います。

 

6, 降車前にお金を渡す

僕の場合は、目的地に到着して降車する前にお金を手渡しました。 

 

特にチップなどは払わずに、コンタクトを取ったときの金額を払いました。

 

nottecoを使ってみての感想

nottecoの快適度はドライバーに依存するとは思いますが、非常にスムーズに目的地まで到着しました。

 

ドライバーによっては、各自の最終目的地まで送ってくださり、融通がききありがたかったです。

 

また今回の場合は、夜の移動ということもあり、飲み物と軽食を出していただき、非常に親切にしていただきました。

 

戸惑った点としては、車内が常時静かだったことです。

 

もうちょっと会話が弾むかと思ってました。 

 

最後に

実際にnottecoを利用してみて、非常に素敵なサービスだと思いました。

 

こういったライドシェアというのは初めてでしたが、次回もぜひ利用したいと思います。

notteco.jp