大学5年生 すけがわオフィシャルブログ

大学5年生 すけがわブログ

旅行、筋トレ、外国語、お金の運用が趣味の地方国立大学5年生のブログ

【就活生に告ぐ】かなりモチベーションが上がる就活マンガ知ってる?


スポンサーリンク

こんにちは。すけがわです。

 

街を歩けば就活生を見かける時期になりました。僕自身も去年の今頃は就活をしていたので、とても感慨深いです。

 

さて今日は就活にかなり役立つマンガの紹介です。この存在を知ったのが最近なのですが、試しに読んだところ「就活時期にこのマンガに出会えていれば、、、」と思ったので、就活生の方は忙しいとは思いますが時間があれば是非読んでみてください!

おすすめの就活マンガとは 

僕がおすすめする就活マンガとは、『銀のアンカー』です。 

「銀のアンカー」の画像検索結果

Wikipediaでは、以下のように説明されています。

2006年から2009年まで集英社の漫画雑誌『スーパージャンプ』に連載されていた。キャッチフレーズは『内定請負漫画』。単行本は全8巻(関の作画は4巻まで)。

 

イラストから分かるように、このマンガは『ドラゴン桜』で有名な三田紀房さんが描いています。おそらく今の就活生の時代であれば『ドラゴン桜』を知らない人はいないとは思いますが、『ドラゴン桜』とは東大合格を目指した受験マンガです。

 

『銀のアンカー』のここがおもしろい!

『銀のアンカー』とは

作品名である「銀のアンカー」は、人生において就職を船が港で錨(アンカー)を下ろすことに例えて、何か偉業を成し遂げたり、若いころから明確な目標を持って生きてきた人の錨は「プラチナのアンカー」や「金のアンカー」であり、学生になるまで明確な目標が無かったが、社会人になる時に努力して納得できる職業に就くことができた人が下ろした錨が銀といえる、という白川の持論から来ている。登場する学生達はまさにその「銀のアンカー」である。

 

就活生が抱く悩みや不安を解消してくれる

僕自身、就活中にたくさん悩みました。「2ちゃんねる」や「みんなの就活活動日記」を読みながら、「選考通過の連絡が来ない、、、」と不安になり、「どうせ学歴が、、、」と勝手にネガティブモードになったりしました。

 

「もし当時このマンガに出会っていれば、もっと簡単に開き直れたのに」と今更ながら思います(笑)

 

当時は根も葉もないネットの情報に一喜一憂していましたが、今思うことは、揺るぎない自分の軸を持つことがかなり重要だということです。

 

『銀のアンカー』が就活の全てを描いている訳ではありませんが、少なくとも読むのと読まないではメンタルコントロールがかなり変わってくると思います。

 

心に響いた一言

8巻の巻末に作者である三田紀房さんのあとがきがあるのですが、そこには「自分の商品価値を過小評価してはいけない」と述べられていました。

 

就活を経験してみて、全てはこのあとがき、そしてこの一言に集約されると言っても過言ではありません。

 

まとめ

感想を述べれば永遠と続きそう、そして就活生の方はとにかく時間がないと思いますので、最後に一言、「かなりおすすめです」とだけ伝えます。

 

8巻で完結ですが、とりあえず1巻を試し読みするのもいいと思います。個人的には、8巻のあとがきは一読の価値ありです

 

就活生のみなさん、頑張ってください!