年収1000万円企業サラリーマン すけがわブログ

年収1000万円企業サラリーマン すけがわブログ

ミニマリストになりたい23歳新卒会社員のブログ。”ミーハーだけど夢はたくさん”

【2018年更新】バニラエアの機内持ち込み手荷物の重量検査


スポンサーリンク

こんにちは。すけがわです。

 

無事に卒業論文の執筆を終えたので、先日卒業旅行で台湾に行ってきました。

 

その際に成田ー台北(桃園)間をバニラエアで移動したので、搭乗に関してまとめます。

機内持ち込み手荷物の重量検査

バニラエアは機内に無料で持ち込める荷物の重量の上限を、携行品と合わせて7キロまでと設定しています。

f:id:suke-gawa04:20180117135436j:plain

成田空港からバニラエアに搭乗する場合は、受付カウンターのそばにある、はかりで荷物の重さを計られます。

 

しかしながら、搭乗客全員の荷物の重さを計っている訳ではありませんでした。

 

そのため、超過料金を取られずに、合計総重量が7キロを超えていたバックパックとメッセンジャーバックを機内持ち込みできました。

 

機内持ち込み手荷物の重量検査を突破する方法

僕が考える機内持ち込み手荷物検査を突破するためのポイントは2点あります。

f:id:suke-gawa04:20180117141601j:plain

  • カバンに荷物をパンパンに詰め込みすぎない

おそらく判断基準の1つに「かばんの膨らみ方」があるのではないかと感じました。つまり、カバンに荷物が入っていないように装えば、重量検査を求められる可能性は少なくなるのではないかと感じました。

 

  • カウンターが忙しそうなときに手荷物検査を受ける

機内持ち込み手荷物検査を突破するもう1つの方法が、カウンターが忙しそうなときを狙って手荷物検査を受けるです。

 

カウンターが忙しいときに機内持ち込み手荷物検査に行くことで、混雑を避けるために重量検査をしない場合があるように感じました。

 

つまり、暇そうなときに行くと重さを計られ、忙しいときに行くと免れやすいということです。

 

まとめ

f:id:suke-gawa04:20180117142107j:plain

機内持ち込み手荷物検査を突破するためのポイントを僕が感じたことを踏まえてまとめましたが、試す場合は自己責任でお願いします。

 

スクートの記事はこちらからどうぞ