すけがわの雑記

MENU

【1日あたりのPV数を0から500へ】僕がブログを開始して1ヶ月でアクセス数を3000に増やした方法

 

前回1ヶ月ブログを運営してみてのPV数と収益について書きました。

 

ブログで生計を立てているブロガーさんに比べればまだまだのPV数・収益額ですが、もしPV数が伸びなくブログへのモチベーションが下がり気味の方がいたら、僕が実際に取り組んだ方法を試してみてください。

 

やはりPV数が増えるだけで単純にうれしいですし、ブログを続けるモチベーションにもなりますよね。

 

なお前回の記事はこちらからどうぞ。

 

僕が考えるPV数が増えた理由

ブログを公表する場を設けた

僕は記事を投稿したらTwitterやブログサークルなどで拡散していました。

 

Twitterのフォロワーも現在100人前後で決して多くはない数字ですが、少しでも誰かにブログを見てもらえたらと思いTwitterで引用してツイートしていました。

 

またブログサークルというブログを運営している人々のコミュニティーも使ってみました。

 

このブログサークルというシステムは、記事を投稿したら読んでもらえるように呼びかけることができるものです。

 

またブログサークル内でもカテゴリーごとに様々なコミュニティーが存在し、同じ方向性の人を見つけることが出来ます。

 

その他にもブログランキングなどに登録しましたが、ブログランキングの場合はシビアに順位が表示されるので個人的には良い気持ちはしませんでした。

 

というのも毎回数字だけ気にしてしまい一喜一憂してしまうからです。

 

現在ではバナーだけ貼っていて、特にブログランキングは気にしていません。

 

人気ブログランキング

 

ブログ村ブログランキング

 

様々なブログを読んで勉強した

はてなブックマークという機能をご存知でしょうか?

 

このはてなブックマークには様々なカテゴリーから人気のある記事や新着記事などがまとめられているページです。

 

このはてなブックマークを使い人気がある記事を覗いて勉強しに行きました。

 

その結果、僕のブログのカスタマイズが下手くそで見にくいことが判明したり、狭い範囲にしか興味を持ってもらえないようなテーマ設定をしていることに気づきました。

 

地道にカスタマイズを変更してみたり、興味を持ってもらえそうなテーマで記事を書いてみたところPV数のアップにつながりました。

 

個人的に最高にくだらないけど有益なテーマで書いた記事がこちらです。 

 

ブログのカスタマイズするだけでブログ運営のモチベーションアップにもつながりますし、なおかつ読みやすさも倍増するので一度気分転換にデザインを変えてみるのもおすすめです。

 

はてなブックマークのページはこちらからどうぞ。

 

積極的にはてブやスターを付けた

他の人の記事を読んで「おもしろい!」とか「ためになった!」という記事には積極的にはてブボタンやスターボタンを押していきました。

 

やはり記事を読んでもらって何らかのアクションがあるってうれしいですよね。

 

自分がされてうれしいことは相手もされてうれしいはずです。

 

ブログを読んで何らかのアクションを残せば、相手もどんな人が読みに来てくれたのか気になり自分のブログを読みに来てくれるはずです。

 

PV数にあまり固執しすぎない

PV数を気にし始めると個人的にはブログを書いていて辛くなってきます。

 

確かにPV数は1つの指標になりますが、自己ベストを更新する度に、それ以上のPV数を求めたりとPV数の上昇は一種の中毒性があります。

 

PV数の上昇に神経をすり減らしながらブログを運営しても長続きしないと思いますし、何より楽しくないですよね。

 

まさしく原点に戻ればこれです。

f:id:suke-gawa04:20170830222906j:plain

 

1ヶ月間しかブログを運営していないので説得力がないと思いますが、僕の気持ちを代弁してくださっているのが「ポジ熊」さんのこの記事です。

 

僕もPV数でやきもきしていた時期がありましたが、この記事を読んでみてブログへの気持ちがリセットできました。

 

もしPV数で悩んでいる方がいたら読んでほしい記事です。

 

まとめ

「PV数を増やそう!」という記事なのにもかかわらず、結論では「PV数は気にしないようにしよう」という一見矛盾するようなかたちで終わらせてしまいましたが、PV数はいつの間にか増えているものです。

 

何事も継続が必要だと思いますし、意図的に伸ばしにいったところで持続性があるかといえばNOです。

 

とりあえず自分のペースでブログ運営を楽しんでいきましょう!