すけがわの雑記

MENU

【縄文杉と白谷雲水峡・太鼓岩の観光】屋久島トレッキングのまとめと必要なもの

 

屋久島といえば「縄文杉」と「白谷雲水峡」ですね。

 

実際に旅する前は「白谷雲水峡」の存在は知らなかったのですが、訪れてみたらとても素敵なところだったので旅行日数に余裕があれば訪れることをおすすめします。

 

今回は屋久島トレッキング(縄文杉、白谷雲水峡・太鼓岩)に必要なものと実際に訪れた感想を書いていきます。

 

また屋久島での安宿情報はこちらからどうぞ。 

 

 

屋久島マップ

見やすい地図を探していたところ、宿泊もしていないですが「てぃーだ」さんの地図が分かりやすかったので拝借させていただきます。

f:id:suke-gawa04:20170828200024j:plain

引用元:http://www.yakushima-tida.com/info/

 

縄文杉トレッキングのまとめ

縄文杉のトレッキングにはまずスタート地点である「屋久杉自然館」に行く必要がありますが、なるべく朝早くに出発をしなければなりません。

 

というのも縄文杉のトレッキング中には朝10時までに通らないといけない道があるからです。

 

僕たちは朝5時のバスに乗って「屋久杉自然館」に向かいました。

f:id:suke-gawa04:20170828201941j:plain

 

屋久杉自然館」に到着したのが5時半くらいで、その後トレッキング開始地点である「荒川登山口」に向かうバスに乗ります。

 

自家用車では「屋久杉自然館」から「荒川登山口」の区間は立ち入りできないので注意しましょう。

 

このバスのチケットは「屋久杉自然館」でも買えるのですが、混雑するので前もって観光センターなどで買っておくことをおすすめします。

 

「荒川登山口」へのバスの本数は少ない上に朝早くに行かないと乗れないので早めに到着しておきましょう。

 

「荒川登山口」に到着し、朝6時半にトレッキングを開始しました。

f:id:suke-gawa04:20170828201925j:plain

 

序盤は舗装されていないトロッコ道を通ります。

f:id:suke-gawa04:20170828201845j:plain

 

途中には橋もあるのですが手すりがなくて危なかったです(笑)

f:id:suke-gawa04:20170828202053j:plain

 

横を見るとこのような感じ。

f:id:suke-gawa04:20170828201901j:plain

 

30分ほど歩くと舗装されたトロッコ道になります。

f:id:suke-gawa04:20170828202013j:plain

 

このトロッコ道の半分ほどの地点とトロッコ道の最終地点の2箇所にトイレがあるので用は済ませておきましょう。

 

2時間ほど歩くとトロッコ道が終わり山道を登り始めます。ここから先はトイレが「縄文杉」の近くに行かないとありません。

f:id:suke-gawa04:20170828201853j:plain

 

基本的にはこのような道と階段を登り頂上を目指します。

 

途中に「ウィルソン株」という空洞ができた木に遭遇します。

f:id:suke-gawa04:20170828202039j:plain

 

「ウィルソン株」の中は祠のようになっていました。

f:id:suke-gawa04:20170828202033j:plain

 

うまく写真は撮れなかったのですが、「ウィルソン株」の中に入ってすぐ右に行き上を見るとハート型に見えます。

f:id:suke-gawa04:20170829085517j:plain

 

この「ウィルソン株」から道がかなり険しくなりますが、マイナスイオンをかなり感じることができます。

 

大王杉

f:id:suke-gawa04:20170828201914j:plain

f:id:suke-gawa04:20170828201906j:plain

 

 そしてトレッキング開始から4時間経過して、とうとう「縄文杉」までたどり着きました。

 

f:id:suke-gawa04:20170828201959j:plain

f:id:suke-gawa04:20170828201945j:plain

 

帰りの道と行きの道は同じです。トータルで僕たちは7時間半ほどかかりました。

 

白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングのまとめ

白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングのスタート地点へは「宮之浦」からバスが出ているのでそれに乗ります。

 

30分ほどでトレッキングのスタート地点に到着し9時にトレッキングを開始しました。

f:id:suke-gawa04:20170829090912j:plain

 

このような道をひたすら歩いていきます。

f:id:suke-gawa04:20170829090921j:plain

 

歩き始めて1時間ほどで最初の目的地「白谷雲水峡」に到着しました。

f:id:suke-gawa04:20170829090907j:plain

これが『もののけ姫』の舞台になったところだそうです。

 

その後引き続き歩いて1時間ほど経過すると「太鼓岩」に到着します。

f:id:suke-gawa04:20170829090855j:plain

雲が出てきてしまっていますが、朝方だと比較的雲の量も少ないみたいです。

 

f:id:suke-gawa04:20170829090900j:plain

 

「太鼓岩」の名前の由来ですが、「太鼓岩」を叩くと音が弾んで聞こえることが関係しているそうです。

  

僕たちの場合は往復で3時間ほどかかりました。

 

屋久島トレッキングで必要なもの

僕の当日中の服装(8月)としては半袖Tシャツ、半ズボン、スニーカー、バックパックという格好でした。

 

f:id:suke-gawa04:20170829090849j:plain

 

実際この格好でもトレッキングはでき、普段着で登っている方もいらっしゃったのでそこまで重装備をしなくてもよいとは思います。

 

最低限必要なものリスト

・半袖Tシャツ

・防水性のあるジャンパー

・動きやすいズボン

・動きやすい靴

・水用ボトル(途中に給水ポイントあり)

・昼食

・タオル

 

トレッキングしている方のほとんどはTシャツに半ズボン+タイツ、トレッキングシューズ、登山用ハットといった格好が多かったのですが、そこまでハードではないのでわざわざ買う必要はありません。

 

まとめ 

屋久島トレッキングはマイナスイオンを感じることができ、また緑が多くて気持ちが良かったです。

 

トレッキング中にガイドをつけることもできますが、ガイドなしでも十分楽しめます。

 

山中の湧き水や川の水も冷たくておいしいので飲んでみてください!