年収1000万円企業サラリーマン すけがわブログ

年収1000万円企業サラリーマン すけがわブログ

ミニマリストになりたい23歳新卒会社員のブログ。”ミーハーだけど夢はたくさん”

【2週間でマイナス5キロ】僕が試した短期間糖質制限ダイエットのまとめ


スポンサーリンク

こんにちは。お米は1食で4合食べたことがあるすけがわ(@suke_gawa04)です。

 

先日まで、今話題の糖質制限ダイエットに挑戦していました。

 

2週間という限られた期間でしたが、 栄養管理をしっかり行い、誘惑に打ち勝ち5kg痩せることに成功しました。

 

今回は、糖質制限ダイエット中をやってみてのまとめをしていきます。

f:id:suke-gawa04:20180923185700j:plain

 

糖質制限ダイエットの全貌

糖質制限とは

低炭水化物ダイエット(ていたんすいかぶつダイエット、low-carbohydrate diets;LCD)とは、肥満や糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食餌療法である。低糖質食、糖質制限食、糖質制限ダイエット、ローカーボダイエットとも呼ばれる。本質的には炭水化物で摂取していたエネルギーをタンパク質と脂質に置き換える食事法である。「ローカーボ」については2015年頃から「ロカボ」という略語でも浸透している。 (Wikipediaより引用)

要約すると、コメや小麦などの炭水化物を抜き、ひたすら野菜や魚、肉類を食べるって感じですね。

実際に食べていたもの

肉類

肉であれば何でも食べていいのですが、糖質制限ダイエットでよく取り上げられるのが鶏胸肉です。

 

鶏胸肉は、低カロリーで高たんぱく、かつ安いので非常におすすめです。

 

そんな糖質制限ダイエットに最強の鶏胸肉ですが、欠点として非常にパサパサしておいしくないんですよね(笑)

 

僕も鶏胸肉のパサパサ具合はあまり好きではなかったのですが、鶏胸肉をジューシーの調理するレシピを発見してから大好きになりました。

 

レシピはこちらからどうぞ。

www.suke-gawa.com

野菜類

野菜はビタミン源の宝庫なので、野菜はよく食べていました。

 

ちなみに野菜は野菜でも、根菜系は糖質が高く、葉っぱ系は糖質が少なめとよく言われているので、葉っぱ系を主に食すようにしていました。

 

またキノコ系も低糖質なので、キノコもよく食べていました。 

大豆類

納豆と豆腐はほとんど毎日食べていました、魅力はやはり安さですよね。

 

しかし個人的に大豆系は、さっぱりしすぎているのでメインの食材にはなりにくいように感じます。

 

そのためメイン食材のサポート品として、大豆系を摂取していました。

 

僕はよく納豆とオクラを混ぜて食べていました。

上記以外のよく食べていた低糖質食材
  • わかめ
    「増えるわかめ」を水で戻して、よく食べていました。

    わかめは噛みごたえもありますし、手頃に購入できるので重宝していました。

  • チーズ
    牛乳やヨーグルトは糖質が高いのですが、チーズは物によって低糖質なので非常におすすめです。

    チーズは食べ方のバリエーションがあって好んで食べていました。

  • かまぼこ
    魚介の練り物で「かまぼこ」って意外と低糖質でおすすめです。

    味としては少し甘めなので、甘いものが恋しくなった時によく食べていました。

  • キムチ
    低糖質ダイエットしていると、毎回似たような味付けになってしまうんですよね。

    その時に非常にお世話になったのが「キムチ」です。

    「キムチ」は食欲も増進してくれるので、低糖質が嫌になってきたときは是非試してみてください。

  • 低糖質麺
    肉以外の主食が欲しい時に、よく食べていたのが「低糖質麺」です。

    低糖質麺とは、その名の通り「糖質を含まない麺」のことです。

    原料がこんにゃくなので、カロリーが低めです。
  • たまご
    僕は1日あたり、たまごを3個食べていましたが、生卵や温泉卵だと食べた感じがしないので、ゆで卵にしていました。

  • コーヒー
    低糖質ダイエットをすると、頭が少し冴えなくなります。

    そういった時にカフェイン摂取の意味でよく飲んでいました。

注意すべき食材 

糖質制限ダイエットで、盲点になりがちなのが調味料です。

 

調味料は、意外と砂糖を使用しているので量には要注意です。

 

僕は、ノンオイルドレッシングや中華系スープの素をよく使っていました。

 

気をつけるべき点

「糖質制限 食べてよいもの」と検索すれば、どういったものを食べていいのかが出てくると思いますが、その時に気をつけるのが脂質です。

 

糖質制限ダイエットでは「脂質はいくらとっても良い」ということを仰る方がいると思いますが、僕は脂質の取り過ぎには注意していました。

 

あくまで個人的な意見なので、脂質に関してはご自身で決めるのが最善だとは思います。

糖質制限ダイエットの結果

糖質制限ダイエットの結果は、タイトルにもありますが2週間でマイナス5キロでした。

 

糖質制限を行う前は「コメと小麦系が食べられないだけなら長続きしそう」と思っていましたが、実際にやってみると結構きついです。

 

誘惑に打ち勝ち、食事管理を徹底して行ったので、短期間で目標体重に戻すことができました。

 

また糖質制限を行い、単純に体重が落ちただけでなく他にもメリットがあったのでご紹介します。

糖質制限のメリット

  • 栄養素に詳しくなる
    糖質制限ダイエットを通して、栄養に関しての知識が身についたと思います。

    食材1つあたりのエネルギー、栄養価について今まで以上に気をつけるようになりました。

  • 胃袋小さくなる

    糖質制限ダイエットを終えてから、食べる量がかなり減りました。

    糖質制限ダイエット中は自分が食べたい量を我慢せずに食べれるので、量に関してはいつも通り食べていたのですが、通常の食事に戻してみると以外にも胃袋が小さくなっていることを実感しました。

  • 甘いものを以前より欲しなくなる

     糖質制限中は人工甘味料などを摂取していましたが、以前と比べて通常の糖分を欲しなくなりました。

糖質制限のデメリット

  • 頭がまわらなくなる
    糖質制限ダイエットを開始してすぐの頃は、頭の回転がいつもより遅くなった感じがしました。

    やはり糖分の摂取をいきなり断絶してしまうと、「ぼー」っとしてしまいます。

    しかし、日に日にこの状態には慣れていきます。

  • 筋肉がつかない
    肉類は毎日欠かさず摂取し、さらに筋トレもいつも通りしていましたが、筋肉の付きは悪かったです。

    おそらく筋肉のための栄養が足りなかったことと、糖分を抜いていたため扱える重量が減ってしまったこと、さらに通常より追い込めなかったためだと思います。

  • スタミナ切れしやすくなる

    多少の運動で、非常に息が上がりやすく、かつスタミナが切れてしまうことが多々ありました。

    やはり十分なエネルギーが行き届いていないからだと思います。

    次第に1日あたりの運動量が減っていってしまいました。

最後に

インターネットで「糖質制限ダイエット」と検索するとわかると思いますが、様々なやり方が存在しているので、自分に適した無理のないやり方を取捨選択をする必要があります。

 

糖質制限ダイエットは短期間でも効果が出やすいので「少し痩せたい」という方や、「元の体重に戻したい」という方におすすめの方法です。

 

しかしながら糖質制限ダイエット中は、それなりのデメリットもあるので、パフォーマンスが低下しても良い時期に行うことをおすすめします。