すけがわの雑記

MENU

【19卒就活生必見】18卒元就活生が教える就活準備ー僕の就活体験記(就活解禁~内定)ー

前回同様、僕の就活体験記をまとめます。

 

前編(就活準備~就活解禁)の記事はこちらです。

www.suke-gawa.com

 

OB訪問

 

f:id:suke-gawa04:20170801115540j:plain

 

日本に帰国したのが2月下旬だったので、時間都合でに本命企業の1社だけOB訪問することにしました。

 

OB訪問では、志望理由や自己PRを添削していただいたり、自分が思い描いていた会社と差異はないかの確認などを行いました。

 

OB訪問を行なったのが2月の最終日で、就活解禁前日でした。

 

 

 

説明会ラッシュ

合同会社説明

job.rikunabi.com

 

3月1日のリクナビ主催の幕張メッセで開かれた合同会社説明会に参加しました。

 

かなりの学生の数に圧倒しました。

 

ここでは志望業界の会社や個人的に興味のある会社を回りました。

 

時間的にも体力的にも10社前後回るのが精一杯でした。

 

 

合同会社説明会(建築・土木系学生向け)

 

job.mynavi.jp

 

3月2日のマイナビ主催のベルサール渋谷で開かれた合同会社説明会に参加しました。

 

僕は文系なのですが、建設業界を志望していたので理系向けではあったものの参加しました。

 

会社の説明ブースで「文系なのですがお話を聞いてもよろしいですか?」と聞いたところ、どこも快く受け入れてくれました。

 

本命の業界だったので、片っ端から「自分は◯◯のような仕事をしたいのですが、御社ではできますか?」と聞いて回り、会社を絞っていきました。

 

合同会社説明会(大学開催)

 

f:id:suke-gawa04:20170730135830j:plain

 

3月3日の僕の大学主催の合同会社説明会に参加しました。

 

ここでも志望業界の会社をメインに、個人的に興味のある会社を回りました。

 

 

個別会社説明会

志望業界の会社と合同会社説明会で興味を持った会社の個別説明会に3月いっぱい参加していました。

 

人気の会社はすぐに個別説明会の予約が埋まってしまい大変でした。

 

会社の中には、「個別説明会に参加しないと選考に進ませない」というポリシーのところもあったので、予約で埋まってしまっていた場合は直接メールをして対応していただきました。

 

また会社説明会のスケジュールを組むのも一苦労でした。

 

僕は地方大学の学生だったので、説明会の日程をなるべく連日にするようにしました。

 

個別説明会の会場では寝ていた学生もチラホラいましたが、正直そんな暇はありません。

  

この個別説明会の後には基本的に選考がスタートするので、疑問点などは積極的に質問し、ここで全て解消したほうがいいです。

 

 

 

エントリー開始

志望業界の会社や興味のあった会社の中から、説明会の雰囲気などで絞りこみトータルで12社のエントリーをすることにしました。

 

もし春の選考で全滅しても、夏や秋で幅広く受けようと思っていたので、今回は本当に行きたい会社だけにエントリーすることにしました。

 

ES提出

 

f:id:suke-gawa04:20170729125312j:plain

 

僕がエントリーした12社もカテゴリー的には建設業界だったので、ESの内容はほとんど同じでした。

 

唯一変えたところは、それぞれの会社の強みや良かった点を志望理由に組み込むことにしました。

 

 

WEBテスト

 

f:id:suke-gawa04:20170729130034j:plain

 

自宅のパソコンで受けるタイプのものとテスト会場で受けるタイプの二種類がありました。

 

会社によってはES提出と同時にWEBテストを課してこないところもありましたが、ほとんどの会社はESとWEBテストがセットでした。

 

勉強時間があまり割けなかった僕にとっては、このWEBテストが最大の鬼門でした。

 

自宅のパソコンで受けるタイプのテスト

映画「何者」でも紹介されている方法ですが、友だちと協力するという方法が最も手っ取り早いです。

 

ある会社の人事の方に聞いた話によると、

 

「自宅のパソコンで受けるタイプのテストの場合、結果の出方は3種類ある。1つ目は、本当に優秀で高得点を取ってくる学生。2つ目は、友達と協力して高得点を取ってくる学生。そして3つ目は、1人で受けて点数が低い学生。会社としては優秀な学生がほしいので、自動的に点数が低い学生は切られる。点数が高い学生は面接で賢いかどうかは判断できるし、友好関係やずる賢さを兼ね備えているかをこの段階で判断することもできる」とおっしゃっていました。

 

会社側としても、学生の考えていることはもちろんお見通しなようです。

 

テスト会場で受けるタイプのテスト

またある会社の人事の方によると、

 

「本当に学力がある学生しか面接に呼ばない企業は、不正行為の出来ないテスト会場で受けさせる」とおっしゃっていました。

 

「テスト会場で不正行為をした場合、そのテストを課した会社に連絡がいきます」とテスト会場の方に案内されました。

 

このテスト会場で受けるタイプのテストの場合、攻略法としては、何回もテストを受けてテスト慣れすることが必要になってきます。

 

そして出来栄えがよかったら、その結果を使いまわすことができます。

 

僕の場合は、同じタイプのテストを課している会社を複数エントリーし、テストの練習として受けていました。

 

 

ES・WEBテストの結果

ESと最大の鬼門であったWEBテストの結果、12社中10社通過することが出来ました。

 

 

 

面接開始

初の内定

僕の場合、人と話すことが好きだったので序盤の面接は苦戦はしませんでした。

 

やはり選考が早く進んでいる会社のほうが、志望度は自然と上がり、「この会社から内定もらったら就活辞めようかな」という気持ちになってきます。

 

本当に行きたい会社だけにエントリーしましたが、その中でも志望度が最も高い会社があったので、その会社が終わるまで続けていました。

 

最も早く内定を出してくださった会社は4月の上旬でした。

 

内定をいただくと心理的に楽に就活が進められました。

 

2日連続の面接失敗

僕の場合、4月中旬から5月中旬が面接の山でした。

 

正直、面接では失敗しないと思って気が緩んでいました。

 

僕は地方の学生だったので面接がある日は、新幹線を使って面接会場まで向かっていました。

 

そんなある日、新幹線の時間変更に気づかず、乗ろうとしていた新幹線に乗り損ねるという大失態を犯したのです。

 

とにかく急いで会社の方に電話し、謝罪と今日どうするべきか尋ねました。

 

その結果、面接時間を遅らせていただけることになったのですが、気持ち的にかなり動転していました。

 

そして面接の結果【お祈り】でした。

 

初めて面接でお祈りされました。

 

また次の日の面接では、今まで使ってきた志望理由が自分本位であり、そのことに深く聞かれました。

 

「私の夢は◯◯です。そのため御社で働きたいです」という僕の志望理由に対し、

 

「それは弊社でなくてもできますよね?」という返答にイマイチうまく答えられなかったのです。

 

そんな面接の結果【お祈り】でした。

 

 

志望理由の練り直しと再起

この面接の結果を踏まえて、志望理由を改めて見直しました。

 

このときに大学の教授のもとに行き、志望理由をみていただきました。

 

今までは、友達などに見てもらうことが多かったのですが、会社の役員と同じ位の年齢層の方は僕の志望理由をどう思うのか知りたかったからです。

 

その結果、かなりのダメ出しを受けました。

 

やはり自分本位の部分の印象がよくないとのことでした。

 

教授に何度も添削していただき、志望理由の構成を大幅に変更し、次の面接に臨みました。

 

2日連続での面接失敗だったので、メンタルブレイクも多少していましたが、気持ちを切り替えて挑みました。

 

僕の就活を振り返るとここがターニングポイントでした。

 

うまく面接を突破でき内定をいただくことができました。

 

 

大本命企業からの内定

大本命企業の面接では、自分でも信じられないくらい緊張しました。

 

しかしながら、面接官との相性がとてもよく、面接終了後には、

 

「これで落ちても後悔はない」という気持ちになりました。

 

その日中に、内定をいただくことができ、僕の就活は終わりました。

 

 

 

僕の就活結果

 

f:id:suke-gawa04:20170729125044j:plain

 

最終的な僕の就活の戦績は以下のとおりです。

【エントリー】12社

【ES・WEbテスト通過】10社/12社

【内定】4社/12社

【選考辞退】4社/12社

【お祈り】4社/12社

 

 

 

最後に

今回は僕の就活体験記をまとめましたが、次回からはそれぞれの選考のポイントや注意点などをまとめたいと思います。

 

就活生のみなさんにとって参考になれば幸いです。

 

17/08/03更新

【19卒就活生必見】18卒元就活生の考える内定を勝ち取る就活対策ーお金をかけずに、短時間で、効率の良い就活ー

www.suke-gawa.com