すけがわの雑記

MENU

【学生必見】将来に迷ってるなら海外に行ってみたら?

目次

1)海外へ行くことのメリット

f:id:suke-gawa04:20170728103054j:plain

 

 

 

初めに言っておきます。

 

僕は海外に行って人生が大きく変わりました。

 

f:id:suke-gawa04:20170727135528j:plain

 

きっかけは大学3年時の大学間の交換留学プログラムでした。

 

当時僕は大学編入試験に失敗し、途方にくれていました。

 

その時、親交のあった教授から

 

「ドイツ留学の席が今年は余ってるから、行ってみる?」

 

と助言され、留学を決意しました。

 

今振り返ると、あのとき海外に足を運ぶという決断をしていてよかったと思っています。

 

f:id:suke-gawa04:20170727135540j:plain

 

海外生活で何が身についたかというと、

 

(1)はっきり言いたいことが言えるようになった

 

語学力も身につきましたし、何より意見を発信していく力が身につきました。

 

海外では日本以上に「Yes, No」をはっきり言わなければなりません。

 

決断力や短い時間の間に意見をまとめる思考力も鍛えられました。

 

 

(2)視野が広がった

今まではニュースで取り上げられている情報を鵜呑みにしていましたが、実際に自分の目で見てみると、あくまでそれは物事の側面でしかなかったということを感じました。

 

例えば、僕はシリアからの難民問題が騒がれているときにドイツにいましたが、そういった歴史的動乱中にドイツに滞在でき、また難民の方と一緒にビールを飲んだ経験は一生モノな経験です。

 

 

(3)たくましくなった

自分が現在属している環境に身を置こうと思えば一生置くことが出来ます。

 

僕はそのような住み慣れた環境から新しい環境に飛び込みたかったので、こういった決断をしましたが、新しい環境に順応していく力や、生き抜く力が身につきました。 

 

 

もし今の人生に悩んでいるなら、今の環境を飛び出し、海外に行き、新しいものに触れてみることをおすすめします。

 

 

 

2)海外への行き方

“海外に行く”といっても方法はたくさんあります。

 

金銭面、時間面、どのような経験をしたいのかなどで海外へ行き方法は多様です。

 

今回は僕が実際に試した方法を簡単にまとめます。

 

(1)旅行 初心者向け

 

f:id:suke-gawa04:20170727135624j:plain

 

最もスタンダードな海外に足を運ぶ方法です。

 

また費用・時間などのプランも立てやすいので、時間やお金のない学生におすすめの方法です。

 

自分で旅行の計画を立てることも出来ますし、旅行代理店に頼むこともできます。

 

「長期滞在はまだ不安がある」という方も、まずは短い期間の旅行を試されてみてはどうでしょうか?

 

 

(2)留学 勉強したい学生向け

 

f:id:suke-gawa04:20170727135455j:plain

 

学生で「勉強もしたいけど、海外にも行ってみたい」という方におすすめの方法です。

 

留学にも、語学学校に通う留学や大学間の交換留学など方法はさまざまあります。

 

語学学校の場合、その国の言語を学びたい人と学ぶため、アカデミックなことはあまり勉強できません。しかしながら、言語習得に特化しているため、短期間で効率的に語学の勉強が出来ます。

 

交換留学の場合、勉強の幅はかなり広がります。語学を勉強することもでき、また大学の講義も受けることが出来ます。

 

僕の場合、興味本位でドイツでポルトガル語の講義をとりました。専門用語のオンパレードで死にかけました。

 

また休みの期間を利用して、隣国などに日帰りや泊りがけの旅行をすることも出来ます。

 

17/07/29 更新

【失敗しない留学】僕の留学体験記ードイツ交換留学編ー

www.suke-gawa.com

 

17/07/30 更新

 【初めての留学】成功する留学ー交換留学と語学留学の違いー

www.suke-gawa.com

 

 

 

(3)ワーキングホリデー 海外でお金を稼いで生活したい人向け

「別に勉強したいことなんてないし、生活するお金ないけど、長期的に生活したい」と思っている方にはワーキングホリデーがおすすめです。

 

ワーキングホリデーとは

青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。(Wikipediaから引用)

 

「外国語に自信ないから、すぐに海外で働くなんて難しい」と思う方もいらっしゃると思いますが、そのような場合は日本食料理店などでワーキングホリデーとして働くことも出来ます。

 

世界の主要な大都市には必ずと言っていいほど日本食料理店があります。

 

ちなみにアフリカにもあります。

 

そういった日本食料理店では日本人が働いている割合がかなり高いのです。

 

僕も海外生活で日本食が恋しくなったときに日本食料理店に行きましたが、従業員のほとんどは日本人でした。

 

店舗によって経営方法は異なりますが、簡単な接客方法は教えてもらえます。

 

そして飲食店では高度な語学力も必要ありません。

 

外国語アレルギーがある方にもおすすめの方法です。

 

 

(4)インターンシップ 海外で働く経験を身に付けたい人向け

 

f:id:suke-gawa04:20170727140155j:plain

 

僕も海外でインターンシップを経験しましたが、インターンシップの場合、ある程度の語学力やビジネススキルが必要となります。

 

ほぼ毎日インターンシップに参加することになるので、自由は制約されるかもしれません。

 

しかしながらそれ以上に海外の人と働く経験ができるのは大きな魅力です。

 

まだ学生で社会人の経験もない僕が、インターンシップを通して実務経験を体験できたことで、「会社で働くということはこういうことなのか」という雰囲気を味わうことが出来ました。

 

 

(5)バックパッカー 刺激的な経験を欲している人向け

 

f:id:suke-gawa04:20170727135506j:plain

 

僕は海外生活で最も刺激的だった経験はバックパッカーです。

 

バックパッカーでヨーロッパ10カ国、アフリカ10カ国ほど旅しました。

 

旅先での出会いやアクティビティなど、さまざまな思い出があります。

 

普段の生活では出会えないような人と関わり合い、普段見ることのできないような光景を見て、普段食べることができないローカルな物を食べて、と振り返れば書ききれないくらいの経験をしました。

 

あの経験があったからこそ、一回り成長できたような気がします。

 

意外と世界一周をしている日本人バックパッカーの方もいらっしゃいます。

 

僕の場合、70代の日本人バックパッカーの方にアフリカで出会い、素敵なお話を聞かせてもらいました。

 

刺激的な経験を欲している方にはイチオシの方法です。

 

 

 

3)旅中に気をつけてほしいこと

 

f:id:suke-gawa04:20170728132608j:plain

 

海外での生活は非現実的で楽しいのですが、日本とは違う文化であり、価値観です。

 

日本人が海外で被害に遭ったというニュースをよく耳にするように、アジア人は旅先で被害に遭う可能性が他の国の旅行者よりも高いです。

 

「アジア人は平和ボケしている」、「他の国の人と比べて体が小さく襲いやすい」などといった理由で標的にされるケースが多いです。

 

“自分の身は自分で守る”という言葉があるように、海外ではより一層、気を張る必要があります。

 

また健康面やセキュリティー面には気をつけてほしいです。

 

 

 

4)まとめ

 

f:id:suke-gawa04:20170728132825j:plain

 

今後も僕の海外生活について記事を更新していく予定なので、興味ある方がいらっしゃったら見ていってください。

 

僕は海外生活を経たことが人生のターニングポイントになりました。

 

もしあの日の僕のように、将来に行き詰まっている方がいたら、海外に足を運び、新しい環境に身を置き、色々感じてみてはどうでしょうか?